上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


韓国ドラマに異変、ラブストーリーが消えた!?

朝鮮日報さんより


2014年春、韓国ドラマからラブストーリーが消えたようだ。

月火ドラマ『神の贈り物-14日』、水木ドラマ『スリーデイズ』(共にSBS)、
金土ドラマ『カプトン』(tvN)などでは、主人公のロマンスが物語の中心ではなくなっている。
ロマンスがあっても、ストーリーに面白さを加えるためのサブ要素にすぎない。
『スリーデイズ』の後枠として放送される『お前たちは包囲されている』も同じだ。

従来の韓国ドラマのストーリー展開と比較すると「事件」ともいえる変化だ。
ロマンスは韓国ドラマの中心的素材だったからだ。
「メディカルドラマは主人公たちが病院で恋愛するドラマ」
「法廷ドラマは主人公が法曹関係者のラブストーリー」という笑い話まで出るほどだ。
時代劇も同じだった。ジャンル物を標榜したが、
結局主人公たちが愛をはぐくむ内容が物語の軸だったというわけだ。

最近ドラマの素材に変化が生じたのは、
大衆のテレビ視聴パターンの変化が最も大きな理由に挙げられる。
特に若者の場合、楽しめるアイテムが多くなり、活動量も増えているため、
テレビの前でドラマの放送を待つ、という視聴者が減った。地上波にケーブルチャンネル、
総合編成チャンネルまでさまざまなチャンネルが誕生し、
一つのテレビ局が過去のように強力な媒体力を発揮できなくなったのも、
普遍的なラブストーリーを減少させた要因の一つだ。これにより、
ドラマの制作陣もターゲット視聴者層の設定にアンテナを張り巡らせている。
まずはターゲット視聴者層をつかんだ後、
口コミで視聴者層の拡大を狙わなければならない状況になった。

このような素材の変化が韓流ドラマによくない影響を及ぼすという懸念もある。
韓国ドラマのロマンス、特に男性主人公の愛の表現がアジアの女性視聴者の心を捉え、
ドラマから韓流ブームが始まった。
実際に日本や東南アジア地域では、
韓国ドラマ制作会社に相変わらずロマンチック・コメディーの制作要請が多いという。

 匿名希望の制作会社関係者は
「テレビ局と海外輸出の間で悩むが、とにかく韓国の視聴者が優先。
韓国市場を無視しては、韓流ドラマも作れなくなるからだ」と話した。

(抜粋)

抜粋にしては長いです^^;


まぁ
それはそうだけど

でも

なんだかんだ言っても
やっぱ韓ドラはラブストーリーでしょ!!

。。。違う??



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ 参加中♪



コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。