上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本へ渡った4回で最も印象的だった部分は知遇とキーエコ/ジンイとカイというカップルだった。

ジンイとカイがすでに転回で愛するが一緒にいることはできない恋人で登場して遺憾をかもし出したが知遇とキーエコまで愛するが一緒にすることはできない恋人で登場したことは非常に異彩を放った。


違うように妙に似ていているこのカップルらが意味するのは何だろうか? なぜ作家はこの二カップルを並んで登場させたことだろうか?


知遇とキーエコを調べよう。


知遇は発情したハイエナのような野郎だ。 シャワーはただ愛する前にする行為(すっきりしているノミダ〓〓)であるだけで3億を借りるためには結婚も朝の祈りも辞さない。

愛は無駄で偽り約束はあふれ出て、真心を隠すための愛情表現はいつも科して話は風船のように誇張されている。
女という(のは)信じることはできない存在だから自身も女に信頼を与える必要がないことだ。

キーエコはトップスターだがきれいで純粋な女だ。 厳格なお父さんの意により経た世の中と遮断されたまま人生を生きてきた温室の中の草花だ。
知遇が自身と共に日本にあることができない理由は'自身をスキャンダルから守ろうと思う配慮'とパチンと一緒に信じていて、事務室秘書を通した愛するという言葉もただうれしく受け入れる。 早くウォルドゥスタガドェオ知遇を世の中に恋人で公表しようとする夢を持っている。




こういうキーエコを眺める知遇の目つきは深くて弱々しい。 発情したハイエナのそれでなく草むらに会った草食動物の目つきというか。 傷つけたくなくて大切にしたいそのような切ない目つきだ。
軽薄さを皆抜いたまま深く抱いてくれて愛すると話す知遇の姿は'浮気者探偵'という基本コンセプトを揺るがす程驚くべきだ。

"君に約束を守らなかったことはない。 守れなかったことはあっても"と話す知遇.
彼は本当にキーエコを愛するということだろうか? でなければただキーエコの守護天使としての役割をまともにやり遂げようとすることだけであろうか。





事実キーエコと知遇の間に置かれた最も大きい障壁は'お父さん'の反対だ。
普段知遇のよどみなくておおらかなキャラクターを見ればお父さんという(のは)障壁を取りはらうためにハイエナのように執拗に突きつけるのが合うはずなのに何の努力もしない無気力な姿は一瞬理解するのが難しい。 知遇自らその障壁は存在するほうが良いという意中を持ったのがでないかと思う程。

反対に舞台に上がって数多くの観客らの前でキーエコを抱きしめて"必ずまた戻る"と約束する知遇の姿は経る必要がない普段の行動そのままだ。


完全こんがらかる。 愛かではないのか。
知遇はもしかしたら見守る視聴者たちぐらい紛らわしいのではないか? いったい何のために消すキーエコに対する愛を始めることも捨てることもできないのか?






アイロニーにも知遇のこの状況は'愛するがそれ以上は拒否する'ジンイの状況と非常に似ていている。

抱擁はしてもキスはしないことによって関係発展を拒否して、相手方に対して過度に受動的であり防御的な姿勢を取るジンイと同じように知遇やはり抱擁はしてもキスはしなくてキーエコお父さんの反対を心配しながらも積極的にその反対を克服しようとしないこと。

ジンイとカイの愛を防ぐ妨害物で'メルギデク'があって知遇とキーエコの間にも愛の障壁で'メルギデクと関連したお父さん'がいるということまた、印象的だ。

知遇とジンイは全く違う状況であるのに同じ理由で恋人との愛を成し遂げることはできない妙な状況に直面するのにこれは二つの目標が結局'一つ'というもの、そしてこれを解決してこそはじめてそれぞれの愛を完成することができるという結論を作り出す。

問題はこの二つが各々'他の'理由で'のような'問題を解決しようとしたが'共に'愛に陥ることによって本来目標にした結果で完全に長さ(道が)変わってしまう一種の'愛のプランB'を導き出すということ。





4回の最後のシーン. 知遇は急にジンイに口を合わせる。 ピンゲコリがあったりしたが明らかに今までは性格が違うキス.
不意にたずねる暴風のような感情にまきこまれることになるこれらの愛と背信が前にどのように展開するのか気がかりこの上ない。








コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。