上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重要だった3回、のがしてしまった3回

3部は驚く程重要な回送であった。

日本のかくされた実力者ヒロキが登場したしもしかしたらイ某でも事件の中心になるヤン・トゥヒが姿を現わした。 ソフィーは何とヤン・トゥヒが最も信じる右腕であったしファン・ミジンはヒロキの下手人だった。
もう劇の序盤なのに思ったよりはやく前面に出て背景を放つ人物らの姿は素早く驚くべきであることさえした。

しかし、

残念なことに3回はこのように重要な登場人物を一度に登場させながらも見る人々の集中力を落としてしまったハヌェであった。
これは2回が終わった直後、あらゆる推理と摸索、パズル合わせでほかほかするように夜を明かした時ととても違った様相だ。

いったい何が問題だったのだろうか? 。個人的に3回は過度に平面的な演出と撮影、正直だというよりうっとうしい編集、なぜあの場面が出てこなければならないのかに対する気がかりなことをずっとかもし出した、総体的な疑問に感じるハヌェであった。

笑いとアクションの調和、ぷつんとやり取りする大使の中でも話の進展を見せて、散った話の手順をかき集めた2回とはとても違ったというだろうか。


序盤導水と知遇が追って追われる場面、明確に印象的で光らせるアイディアと場面があったのに前後でついた終始走る神の退屈さために核心ポイントまで飛んで行ってしまった。 私には強弱調節に完全に失敗した神(靴)のように見えた場面.

これは劇中盤、高速道路追撃神(靴)でもまたそっくり見られた。 ヘリコプターまで動員して精魂を込めてとった場面だったが自動車内部神恩左に右側に人物らがわっと傾く場面の連続、何より手に汗を握らなければならない緊迫感がゼロだったというのが致命的だった。

その他にもカイとジンイがアイフォンを置いて分ける神々(個人的にヘニーのファン(パン)でもあるが劇中ヘニーの延期(煙、演技)は確かに問題があるとみられる。 どんな劇的緊張感や期待値も持つことはできない単調な延期(煙、演技)に食べてしまう韓国語のセリフまで、これは確かに改善されなければならない部分のようだ)

コン・ヒョンジンと私債業者らとの神(靴)、そして最も深刻だった外事課刑事らが出てくる新....

当然劇展開に全部必要な神(靴)だった縁だが問題は<過度に長くて> <コメディに対する強迫>を市(詩)・さあ立場で無理に強要されるような気がしたということだ。

2回によって沸き上がった織り目が細かい期待感を残念なことに3回は継続することができなかった。 各会に対するでこぼこした評価は必然的に視聴者たちをのがす結果を持ってくる。 さらにはハヌェだけ飛び越えてもさ迷いやすいアクション推理物ではその打撃がより一層大きいのは自明な事実だ。

監督の立場で大変にとった場面を視聴者たちに必ず見せてあげたいその熱望は理解するがそれが劇の流れを邪魔して緩くさせるならば果敢に持ち出す決断力も必要でないだろうか。 あえて助言をしてみる。

最後にエンディングカットに対して一言付け加えたい。 次の会議ストーリーに対して期待感を持つようにしなければならない重要なエンディングカットらが毎度ビジュアル的な側面を強調することで終わってしまうことがあまりにも惜しい。 エンディングカットには視聴者たちを最後まで捕まえて次に回路必ず連れていかなければならない義務があるんじゃないだろうか?


p.s物では良い場面らも多かったしおもしろい場面も多かった。 だが、今私に残っているのはそのような場面らでなく上(胃)に羅列された心配な場面らがだけだということ.... -_-








コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。