死ぬほど戦ってつぶれるように愛しなさい

10月5日 公式HP
当然である話だが主人公の知遇とジンイはこのドラマを導く求心点だ。
この話はすなわちこの二つに対する大衆の関心と気がかりなこと、期待、念願が<逃亡者プラン費>の成否を分ける主要原因になるという話だ。

もう序盤1,2回が終わった時点だがひとまず知遇とジンイはその間ドラマで見られなかった躍動感あふれるキャラクターと派手なビジュアルで私たちの視線を引き付けるのに成功した。 少なくとも私には二つの関係に対する期待値課興奮がドラマを見るようにさせる主要力で無事に到着したのだ。

知遇とジンイがそれぞれ違った目的を持ったまま<別に>置かれて<共に>流れる事実も非常に興味深い。 この伏線(複線)らまた、二関係をより立体的に作ってきっ抗したテンションを与えるのに核心的な役割をすると期待される。


1.探偵vs. 顧客

指紋も通話記録も残さなかった美しい依頼人は私は君を分かって、する目つきで探偵を訪ねてくる。 探偵が絶対拒否できない<女とお金>というペを一度に見せながら。
依頼人の美貌と1億というお金にすっかりひっくり返った探偵はすぐにことを受諾するが本能的なハイエナ気質で何か正しくない、傾いている気勢を感知して女に対する好奇心と疑いを持つということに育てる。

二人探偵と顧客で正面対立する神はみなぎる緊張感の中で繰り広げられるピンポン ゲームを見るようにチャルチディ粘り気が多い。 わずかなすきまもなしで受け返す大使ら中では譲歩ない二つのキャラクターが間違いなく見られて思いがけないヒントが与えられながら視聴者たちを驚かせると同時にストーリーの進展に一助となる。

チョン・ジフンがディテールな動作とアクションで知遇を誇示すればイ・ナヨンは微妙な目つきと微細な抑揚の変化で猫のようなジンイの魅力を発散する。 事実イ・ナヨン キャスティングの便りが聞こえた時イ・ナヨン特有の多少遅い、反論者程度外れるテンポを憂慮したのにこの不思議な違反が知遇とジンイの間の緊張感を触発するという事実を知ることになったのは思いがけない収穫だ。




2.女vs. 男

消す一端見て即時からだが出て行く。 心は最も後日問題だ。 女たちのスマートな脚線美、深く掘られた胸の谷間は知遇人生の喜びであり道楽で原動力だ。 お金3億を借りるためにならば愛を武器にして結婚と朝の祈りも不死できる男. 愛は多ければ多いほど良いと考える、風船のように軽くて軽やかな博愛主義者がすぐに知遇である。

ジンイは違う。 愛したおばあさん、おじいさん、ママ、パパ、養父母様を全部失った。 (どんな愛でも)愛を奪われた後の絶望とむなしさ、恐怖がどんなのなのかジンイはあまりにもよく分かるので(に)最初から希望さえ持とうと入らない。 愛するがカイをそばに置かないジンイは愛を失わないために愛を捨てるアイロニーに陥った、愛が重くて恐ろしい女だ。

ひとまず駆け寄る知遇、無条件拒否するジンイ.
この二つは各自愛に対して抱いている定義からまた出そうとしてもという人物らだ。

この二つが果たしてどんな交集合を捜し出すことができるだろうか?


3.かくされた秘密あるいは陰謀

思ったよりパイが大きい。 縦横に絡まった関係、複数、怨恨、疑問など食い込めば入るほどさつまいも幹のように付いて出てくる事件は知遇とジンイ関係にとても重要な要素として作用するだろう。 同じ船に乗った運命の中で各々他の観点で事件を眺める状況は自身に対して、愛に対して今まではとても違った視線を提示してくれることもできるようだ。
最も大きい変数はこの二つが愛で編集されてはいけない悲劇的な背景があるのかないかという問題ティグッティグッティグッ

愛に対処する方法があまにも違ったこの二つに愛は果たしてどんな話題を投げかけるだろうか。
そしてこれは事件解決に毒になるだろうか? 薬になるだろうか?


<探偵>と<お客様>という火花散る対立点の中に、きめこまかく刺されている<男>きて<女>は<逃亡者プラン費>がどんな色で無事に到着するのか大変重要な役割をするようだ。


このところで本当にこのドラマ罷免売るほど引かれる。 ふふふ度々見れば上でチョン・ジフンやイ・ナヨンをちょっと浴びせてくれるか...?





コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最近の記事